本文へスキップ

電話でのご予約・お問い合わせは聖蹟桜ヶ丘店:TEL.042-319-6383
府中店:TEL.042-319-9692

不妊・子宝相談

漢方による不妊治療の考え方

 妊娠しない、流産しやすい・・・といった体質は、東洋医学的にどう考えるのか、疑問に思われると思います。ポイントは、瘀血、気滞、気虚、血虚、腎虚、寒凝、陽虚・・・といった体質です。
 例えば、瘀血証に属する婦人病は多く、子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症などがありますし、生理前にイライラしやすいPMS症状は気滞証が多く、卵胞の発育が悪いのは腎虚証などが関係します。
 病院の治療では、ホルモン剤やホルモン類似薬を用いて、卵を発育させようとしますが、治療が長期になると、腎虚が進みやすくなり、だんだん卵胞の発育も悪くなってきます。

 多くの方が、行き詰ってから、漢方を考え始めますが、早い段階から漢方薬と併用することで、より妊娠率は上がります。自分の身体を立て直さなければ、高度な技術に頼っても、充分な効果が得られないのです。


不妊症かも?と思ったら

 通常、赤ちゃんを希望している夫婦が、適度な性生活を行い、2年以上妊娠しない場合を不妊と考えます。
20代の方でしたら、2年くらい様子をみても良いと思いますが、30代・40代の方は、2年も待たずに早めに婦人科で必要な検査を受けてください。特に生理痛がある、出血量が多い、生理不順があるなど気になる症状がある方は、注意しましょう。
 原因を解明しておくことで、漢方治療の方針も立てやすくなりますし、漢方だけでも妊娠できるかどうかも判断できます。
 また、男性側に原因があることも少なくありません。ご夫婦共に検査をしましょう。


漢方周期療法

周期療法とは?

基礎体温表からわかる、女性の月経周期を4期(月経期・卵胞期・排卵期・黄体期)にわけて、その時期・体質に合った漢方薬を飲み分ける方法です。

 例えば、月経期には活血薬、卵胞期には補腎薬、排卵期には理気活血薬、黄体期には補血薬・・・といった具合に、その時期に必要な効果を高める目的で、漢方薬を使い分けます。
 どのような方にも適応するわけではなく、全体的に瘀血を改善しなければならない場合は、しばらく活血薬のみで治療したほうがよいこともありますし、虚弱が強い方には、補う治療を集中したほうがよいので、体質をお伺いした上で必要か判断しています。

 周期療法は、定期的にご相談に来られる方、飲み忘れなくしっかり継続できる方向けです。

※不妊のご相談は完全予約制になります。カウンセリングのみご希望の方は、5,400円かかりますのでご注意ください。(必要なお薬の内容や飲み方・養生などの資料をお渡しできます)

※ご相談の際に、基礎体温表をお持ちください。(つけていない方はなくても大丈夫です)他、病院の検査結果などもありましたら、ご一緒にお持ちください。


おすすめ健康法

よもぎ蒸し・・・30分 3,240円(10分延長無料

 よもぎ蒸しは、韓国伝統の健康療法で、冷え症の改善や、妊娠を希望する女性、産後ケア、美容効果などが期待されています。
 こだま堂で使用する全ての薬草は、残留農薬検査済みの飲用できる品質のものを使っておりますので、安全にご利用いただけます。
 よもぎの香りがお好みでない方は、クマザサベースのハーブブレンドも用意しておりますので、お申し付けください。(体質・ご希望に合わせて、全14種類のブレンドがあります)

●よもぎ蒸しが終わった後の煮出し汁・薬草はお持ち帰り出来ます♪ご自宅のお風呂でも再度ご利用ください。







こだま堂漢方薬局
こだま堂漢方薬局

■聖蹟桜ヶ丘店
TEL 042-319-6383
定休日:火曜・祝日
(臨時休業あり)
開局時間
10:00~19:00
(土日は18:00まで)
聖蹟桜ヶ丘店 お問い合わせ


■府中店
TEL 042-319-9692
定休日:火曜・祝日
(臨時休業あり)
※5/9から火曜日も開局します。
10:00~15:00まで。

開局時間
10:00~18:00
(土日は17:00まで)
府中店 お問い合わせ